カテゴリ:未分類( 2289 )

6/23 Sat No.1323

久しぶりでバイクで三木の協同学園までいった。
10日以上乗ってない。
無事動いた。
行きは少し寒い。帰りは暑い、という気候。
でも気持ちいい。
梅雨の合間だ。
帰りにいつもの田んぼに立ち寄った。
見渡す限り水田。
a0188023_19370577.jpg
早苗が植えてある。
これが秋には見事な実りの稲となる。
大したもんだと思う。
素直に日本の命、なんて思っておれない。
国の食糧政策に翻弄されてる。

市役所の新築のための旧カナートの取り壊しがほとんどすんだ。
a0188023_19372374.jpg
何もなくなると広いところだったんだと思った。


[PR]
by tougei1 | 2018-06-23 06:32 | Comments(0)

6/22 Fri No.1322

知り合いの作品。
正確にはその一部。
たくさん数作って並べる。
a0188023_21341162.jpg
イメージをどれだけ維持してそれを表せるか。
この作者は器は作らない。
作ってるかもしれないが記憶にない。
器は上手に作れないという。
作れないのではなく作らないのだ。
だから結果としてうまくできない、単に練習の問題と思うがとにかく作らない。
その分思考的なことには大変こだわる。
私にはどうでもいいようなことでもこだわる。
そのこだわりが作品作りを支えてるのだろう。
ただしこだわり方が違う。
例えば底にヒビがあれば致命傷と思う。
でも形がよくできてれば多分オッケーを出す。
価値観の違いがあるなあ、とよく感じる。
どれがいいかはわからない、そういう世界だ。

考え事しててワインの瓶落とした。
見事に割れた。
a0188023_21341583.jpg
酒浸し。

[PR]
by tougei1 | 2018-06-22 06:26 | Comments(0)

6/21Thurs No.1321

月一の絵付け教室(三木市 緑ヶ丘)に見学者。
どんなことしてるのか見にきた。
地道な作業をしてるのがわかってもらえたかな。
a0188023_17485795.jpg
出来上がるのが派手でもやってることは地道。
見学者にとっては一見ハードルが高そうに見える。
でもそんなことはなくて一つ一つやってけばなんとかなる。
今来てる生徒さんも最初はできるかな、と不安だったはず。
でもやってるうちになんとか形になってくる。
そうなるように手順を踏んで作業してる。
その代わり最高の材料で本物を使いましょう、と決めてる。
といっても大げさなことはなく産地で使ってるものを取り寄せているだけ。
参考にする図柄は鍋島の最高にセンスのいいものをとりあえず「写す」。
後は自由に変えていけばいい。
道具や絵の具の使い方をマスターしながらデザインも同時に学べればいいな、と思う。
全てマイペースだから手の早い人も遅い人も気にしない。
楽しくないと意味ないから。

[PR]
by tougei1 | 2018-06-21 06:38 | Comments(0)

6/20 Wed No.1320

いなみの最後の一学期の授業。
実は来週もう一回文化部の授業がある。
紐作りで箱を作る。
最初生徒さんにやってもらった。
それを踏まえての解説。
私が最初から作るよりいいかと思ったが、果たしてどうなんかな。
生徒さんがやってるときは周りからああだこうだと頻りに声がかかる。
a0188023_17441179.jpg
これはこれでいいもんだ、と思った。
私がやりながらポイントを説明していったがどれだけわかってもらえたか。
この検証ができない。
丸の時の紐作りの注意点をしつこく言ったけどわかってるようなそうでないような。
何回か失敗をくりかえしながら身につけるしかないかな。



[PR]
by tougei1 | 2018-06-20 06:37 | Comments(0)

6/19 Tue No.1319

朝方地震。
a0188023_17321673.jpg
a0188023_17321048.jpg
a0188023_17320663.jpg


子供は行った後だった。
バス通学なのでその辺歩くより安全かも、と思ってた。
だからそう心配しない。
学校に着く直前の揺れだ。
何事もなかったらしく連絡もない。
その後加古川線の復旧状態が学校からあった。
バスの運行状態も。
附属なので広範囲から子供がきてる。
こういう場合は親の迎えがないと帰れない子供もいるようだ。
ニュース見てたら子供がブロック塀で亡くなってた。
なんと不運な。
しかもそれが学校のプールという皮肉。
親はいたたまれないだろう。
大阪でこの揺れは初めてらしい。
もう日本国中どこでも地震はある。
とんでもない土地の上に住んでることになる。

[PR]
by tougei1 | 2018-06-19 06:26 | Comments(0)

6/18 Mon No.1318

晴れた暑い日。
西林寺のアジサイ祭り。
a0188023_21303071.jpg
a0188023_21304579.jpg
その駐車場整理の当番。
午前はこれで疲れた。
昼時に大茶盛りに参加。
a0188023_21305193.jpg
a0188023_21311225.jpg
ピークが過ぎてたのか待合には数人しかいない。
満席の後の席。
西大寺のを真似てやってるのだと思う。
でっかい茶碗に大きな茶筅で茶をたてる。
イベント的だが面白い。
子供があまり飲まなかったのでたくさん飲むことになった。
そのあと美術協会の研修。
来住しげきさんという協会の長老のアトリエ訪問。
a0188023_21303907.jpg
ご自分が絵を描くことになった経緯を持論の価値観を交えながらの話。
個人的にはどういう方か知らなかったので今に至ってるのかがなんとなく分かった。
絵を描いてる人もたくさん同席してた。
絵画論がもっと聞けるかと期待したがそうでもなかった。
日本画や洋画で具象してる人は抽象をどう思ってるのか。
それぞれのこだわりや苦労があると思う。
そういうことが活発に議論できたら面白かったがそこまでは無理かな。
先輩すぎて立ち入った質問自体しにくい。
遠慮してしまう。
弟子と呼び、呼ばれる人が何人かいる。
私も教えてるが弟子はいない。
生徒と呼ぶ人ばかり。
そこまで人生に影響を与えてるとも思えないので、弟子と呼ぶ人はいないなあ。
まだまだか。
30名あまりが集まってたらしい。

[PR]
by tougei1 | 2018-06-18 06:20 | Comments(0)

6/17 Sun No.1317

子連れで大阪行き。
いわば子守も兼ねる。
帰りに阪神高速の泉大津のSAに寄った。
普段あまり寄ることないが、いい天気だったのと阪九フェリーがちらっと行くとき見えたので。
a0188023_19573293.jpg
11階まで上がるとかなり遠くまで見える。
a0188023_19572813.jpg
あべのハルカスはどんなだろうと頭をよぎる。
高速道路がよく見えてこういうもの作る人間てすごいなと思う。
地上を支配したような錯覚にも陥る。
子供はガラス越しに外見ながら、このガラスなかったらどうなるのだろうと素朴な疑問を言ってた。
いい天気だったが沖縄地方は記録的な雨。
従来の感覚では太刀打ちできなくなる気象現象が頻繁に起こってる。
温暖化のせいなんだろうな。


[PR]
by tougei1 | 2018-06-17 06:49 | Comments(0)

6/16 Sat No.1316

雨の1日。
シトシトと梅雨らしい。
教室のない日はのんびりと、となるかもしれないがならない。
朝早くから近くに住む友人の作品を焼いた。
a0188023_17501738.jpg
a0188023_17502243.jpg

市の美術協会の会員でもあって自宅に工房と窯がある。
それでもあまり使わないので電気の契約を切ってる。
必要な時に私が焼く方がコストが低い。
それで焼いてる。
もう少し焼けば契約するかな。
でもいずれ契約すると思う。
焼くということは窯づめと窯出しもある。
昔から知ってるしたまに相談にも乗ってるのでこのへんはよしとする。
焼いた後の結果が悪いと申し訳ないのそうならないように気を使う。
うまく焼けてたらお互いホッとしてる。

玄関の朝顔。
a0188023_17501150.jpg
下の方で咲いてた。
なぜかゴミがいっぱいついてる。
今年も咲いてくれた。




[PR]
by tougei1 | 2018-06-16 06:41 | Comments(0)

6/14 Thurs No.1315

土が柔らかい時に網目をつけて乳濁釉をかけた。
一部を撥水。
a0188023_19134583.jpg
a0188023_19135064.jpg

金彩の下は釉を盛り上げる。
無釉のところは銀彩。
金彩の部分に釉があるので金が盛り上がったように見える。
漆の高蒔絵の技法かな。
もっと応用ができそうだがこの方向にはあまり深い入りしないでおこうと思う。
何でもかんでもできない。
時間は有限とひしひし感じる。

[PR]
by tougei1 | 2018-06-14 06:21 | Comments(0)

6/13 Wed No.1314

いなみのに行ったら、道中、加古川市で大雨。
小野まで晴れていたのに突然の雨。
車で行ってたのでよかった。
a0188023_22160831.jpg
交通の流れが遅くなるほどの雨だった。
もしバイクならずぶ濡れ状態、天気予報は午後からは晴れだったが大ハズレ。
授業はこの前とその前に作ったロクロ作品の削り。
a0188023_22162107.jpg
シッタを使って削るのが一番いいので少量でもこの方法を実践。
これやるとほとんどの場合、生徒さんは面倒だという。
気持ちもわからんではないがこれができるとできないとでは全然違う。
べたっとロクロ盤において粘土で固定しても削れないことないが厚みの確認や形状のチェックで外すと元のようにするのに苦労する。
口も破損しやすい。
それらを解決してくれるのがこのやり方。
面倒と考えるか、どうか。
うまくできればメリットがはるかに多い。


[PR]
by tougei1 | 2018-06-13 06:49 | Comments(0)


西脇で焼き物やってます。陶芸以外の事も結構ありますがどうぞよろしく。メール tougei1@zeus.eonet.ne.jp


by tougei1

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

フォロー中のブログ

最新のコメント

笑。。 その時はご連絡..
by untilidie at 09:39
ここまでくると愛着を持た..
by tougei1 at 06:19
道具としての愛着を持って..
by untilidie at 21:37
壊れるほど乗らないのがそ..
by tougei1 at 20:44
大切に乗ってね。。
by untilidie at 09:41
利尻ですか、いいですね。..
by tougei1 at 17:42
先生、それは金糸梅(きん..
by レオン at 20:23
言われるようにリトルでは..
by tougei1 at 22:17
あれぇ?やっぱりウインカ..
by untilidie at 18:17
最終日は出張で片付け手伝..
by untilidie at 22:54

メモ帳

最新のトラックバック

にこちゃん堂
from 自家用道楽倶楽部
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
早い目のクリスマス
from 淡路 愛犬との極楽暮らし??
装飾的芸術美の頂点・光琳..
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

6/23 Sat ..
at 2018-06-23 06:32
6/22 Fri No..
at 2018-06-22 06:26
6/21Thurs ..
at 2018-06-21 06:38
6/20 Wed No..
at 2018-06-20 06:37
6/19 Tue No..
at 2018-06-19 06:26

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

陶芸

画像一覧