カテゴリ:未分類( 2401 )

10/15 Mon No.1535

隣町との合同祭。
趣旨は人権を考えるきっかけに、ということ。
a0188023_15301153.jpg
去年は雨だったが今年は暑いくらいの日差し。
これはこれで難がある。
人権教育の一環だが実模擬店もたくさんあって地区の子供がそれ目当てに来る。
a0188023_15301804.jpg
本題の意見発表や講演会ももちろんある。
まあ難しい問題を取り扱うので正面突破もままならず、かといってただの飲み食いでも意味ない、というジレンマ。
どうすればいいのか、こういうことは。
LBGTを生産性ない、と切り捨てる国会議員。
それを擁護するバカな「評論家」。
もう評論家というのもおこがましい限り。
でもそんな人たちがいるのも現実。
災害で避難したら、無人になり泥棒が横行した、の事例もある。
腹がたつ前に悲しくなる。

[PR]
by tougei1 | 2018-10-15 06:18 | Comments(0)

10/13Sat No.1534

協同学苑の作品が出揃う。
ベテラン、初心者、様々。
a0188023_20552083.jpg
a0188023_20553011.jpg
展示なんて恥ずかしい、正直な気持ちだと思う。
いなみの学園のように本格的に学んでるわけでもなく十分な設備があるわけでもない。
それでも展示となると、それなりのものが並ぶ。
個性豊か。
プロで商品を作ってるわけではない。
その点ではアマチュアの利点が働いてる。
結局のところそこが一番大事。
売ってるようなものをいくら作っても面白くない。
そんなものに近づけば近づくほどつまらなくなる。
見て楽しい展示。


[PR]
by tougei1 | 2018-10-13 07:26 | Comments(0)

1012 Fri No.1533

三木市の協同学苑での教室展。
学苑祭がなくなったので唯一の作品発表の機会。
a0188023_19220214.jpg
a0188023_19215649.jpg
今回のテーマは蓋物。
展示そのものはテーマと関係なくこれまでの作品を並べる。
長くやってる人は上手になってる。
作るものが同じでも5年前10年前とは明らかに違う。
湯のみ一つ作ってもこなし方が上手くなってるなと思った。
キャリアがものを言うのだろう。
実はこれが重要。
ある程度やると家中焼き物だらけになる。
湯のみや鉢や皿、もう収納しきれない。
だからこれでやめる、となるのは大間違い。
ここからが新たな出発点となる。
量の問題でなく質の問題。
たくさんあっても気にいるのはわずかなはず。
もっと気にいるものを作る。
これが本当の陶芸の始まり。
でもここまで来ないうちに離れていく人が多い。
質をいかに高めるかはその人の美意識にもよる。
つまり総合力が問われることになってしまう。

[PR]
by tougei1 | 2018-10-12 06:09 | Comments(0)

10/11Thurs No.1532

日常で良く使うカッターナイフ。
100円でも売ってる。
一見構造は同じ。
a0188023_20350860.jpg
切れ味は変わらないのかもしれない。
もともとオルファやNTカッターの刃を入れれば同じ。
でもよく見ると違う。
刃を折るときに折り目のラインにスライド量がキチッと合わない。
a0188023_20351841.jpg
ノッチの間隔がいい加減で適当につけてあるのだろう。
そのため連続して刃を折るときには面倒。
と言うかほとんどそのままでは折れなくてペンチがいる。
その点正規物は机に押し付けるだけで折れる。
a0188023_20351362.jpg
大したことないようだが使い勝手がかなり違う。
本体は使い出すと半永久的に使えそうなもの。
それだけにちょっとの不便が煩わしくなる。
道具とはそういうものなんだろう。



[PR]
by tougei1 | 2018-10-11 06:23 | Comments(0)

10/10 Wed No.1531

絵付けで焼いた上絵の具の部分が剥がれる。
どうも良くない。
a0188023_18325580.jpg
なるんではないかといつも気遣うがやはりなった。
下地の透明釉、その下の磁器土。
磁器土もガラスに近い。
ガラスのようなものにガラスの釉、さらに上絵のガラス。
この組み合わせが悪いのだがどうしようもない。
上絵と透明釉の温度差は500度近い。
高温と低温の違いだが成分も大きく違う。
この2つが溶け合うことはない。
上絵のガラスが透明釉の表面を少しとかしてるだけ。
でもこの繋がりが強くて透明釉と磁器土との接着を壊してしまう。
特に上絵の層が厚いとなりやすい。
このこと自体が最初信じられなかった。
こんなことが起こるなんて、、、。
今やってるのは普通の3倍ぐらいはありそうな厚みで色が出る方法。
一般的ではないがこの方が面白いと感じる。
うまくいくときもあるが失敗も。
その違いが工程上わからない。
同じ条件でもなったりならなかったり。
どう制御すればいいのか。
最後の最後に起こるトラブル。
こういう問題を抱えたのがいつも多い。
精神的に良くないと思う。





[PR]
by tougei1 | 2018-10-10 06:22 | Comments(0)

10/9 Tue No.1530

祭り終わり。
a0188023_18442514.jpg
a0188023_21232336.jpg

ようやく終わったと言う感じ。
1日伸びたために、3日間祭りのイメージがつきまとった。
寄付金あ集めや賄いの仕事。
裏方ではあるがここがうまくできないとまずい。
婦人部や子供会の協力を得ながらなんとか切り抜けた。
寄付金は去年より少なかったようだ。
年々こうなるのではないか。
急激な変化はないだろうが右肩上がりになる可能性はない。
そういう状況でどう維持していくか。
こごもの数も減少傾向。
これも問題。
我が地区はまだマシな方だと言われる。
それでもこの状態。
大きな問題を抱えつつなんとなく今年もできた、と言うのが実感。
終わってホッとした。

[PR]
by tougei1 | 2018-10-09 06:38 | Comments(0)

10/8 Mon No.1529

一日伸びた祭りの宵宮。
屋台を担ぎ出して夜の町内を練り歩いた。
子供会も乗り子の親も参加して賑わいを増した。
a0188023_22130222.jpg
a0188023_22125752.jpg
a0188023_22125399.jpg
これを始めて3回目かな。
初めての晴天。
前回までは雨模様でやりくりが大変だったがその心配は無くなった。
本宮に向けて盛り上げるために色々と影で支えてくれた人々がいた。
本宮もお世話になるが事故なく無事済みますように。
それなりに問題点もあるだろうがそれは来年への課題。
せっかくだから参加者が楽しめないといけない。
硬いことは言わず多少は目をつむってエンジョイ。




[PR]
by tougei1 | 2018-10-08 06:01 | Comments(0)

10/7 Sun No.1528

台風は韓国の釜山の北を通過した。
面白いのはこの発表の仕方。
土曜の朝の11時頃のこと。
対馬の北北西160キロ、と位置情報。
でもこれはすでに朝鮮半島の一部になる。
a0188023_12135047.png
いわゆる「上陸した」、の言葉が使われる。
でも日本国内ではない。
それでだろうか単に距離だけを言うだけ。
どうしてだろう。
誰が聞いても釜山と大邱の間あたりと言う方がわかりやすい。
他国の場合はそれを表記してはいけない、と言うような申し合わせがあるのかな。
あるとすれば馬鹿なこと。
調べればわかるから調べろと言ってるのかもしれない。

まあ台風の影響はほとんどなかった。
祭も予定通りできたと思う。
それでも大事に大事をとって延期。
もしも進路が少し南になって警報が出たら、予定より遅くなったら、、、。
不規則な予定外のことが起こると、食材の手配や担ぎ手の手配など全てが狂ってしまう。
責任者は大変だ。
私は乗っかってるだけのようなもの。






[PR]
by tougei1 | 2018-10-07 06:34 | Comments(0)

10/6 Sat No.1527

太鼓の乗り子の練習が終わる。
サマになったようだ。
a0188023_21374443.jpg
でも台風の影響で祭り延期。
日程は日、月となった。
でも事前に寄付金集めもしないといけない。
ということで夜にしか開いてないスナックに。
a0188023_21374888.jpg
土曜日に来ると思ってた所もあり芳しくない。
それでも若干の成果あり。
祭りの運営費をほとんど寄付金で今までやってきた。
でも地区の住民の高齢化や意識の低下でだんだんと減ってきてる。
とんとんにできればいいのだがそのうちにまかないきれなくなるだろう。
その時にどうするか。
区費からの持ち出しとなってやっていけるかどうか。
あらゆるところで高齢化、人口減少の影響が出て来る、と感じる。


[PR]
by tougei1 | 2018-10-06 06:26 | Comments(0)

10/5 Fri No.1526

個展前の最後の窯。
実はこの窯ちょっと調子が悪い。
6本あるバーナーのうちの奥の1本が燃え方がおかしい。
明らかにおかしい、わけではないが変。
他のに比べて赤みが多い。
a0188023_20002559.jpg
空気が少ないとそうなるが空気調節しても青い綺麗な炎にならない。
a0188023_20003771.jpg
なぜかな。
バーナーに詰まりがあって気流の流れがおかしいのだろうか。
中を点検してもそういう感じでもない。
でも火をつけると色がおかしい。
ある程度温度が上がって炎が見えなくなれば気にならない。
でも炊き始めにはいつも気になる。
いつぐらいからこんなふうになったのだろうか。
これが単に酸化で焼くのならこんなものかで済む。
わずかに燃料が多くいるかなの程度。
でも還元焼成だとこのことが還元のムラにつながるのでは、と心配する。
たまに同じように焚いてるつもりが一様でなく「変化に富む」時にこれが原因かもと思う。
実際にどれぐらい影響してるのかわからない。
でも気になる、が結局今の所成り行きまかせ。
だったら気にするだけ無駄?

[PR]
by tougei1 | 2018-10-05 06:24 | Comments(0)


西脇で焼き物やってます。陶芸以外の事も結構ありますがどうぞよろしく。メール tougei1@zeus.eonet.ne.jp


by tougei1

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

フォロー中のブログ

最新のコメント

それでいいのではないでし..
by tougei1 at 19:50
そうなるまで最大限の努力..
by kyoppin at 09:16
コメントありがとうござい..
by tougei1 at 18:03
おはようございます。 ..
by 銭無のとっつあん at 07:23
笑。。 その時はご連絡..
by untilidie at 09:39
ここまでくると愛着を持た..
by tougei1 at 06:19
道具としての愛着を持って..
by untilidie at 21:37
壊れるほど乗らないのがそ..
by tougei1 at 20:44
大切に乗ってね。。
by untilidie at 09:41
利尻ですか、いいですね。..
by tougei1 at 17:42

メモ帳

最新のトラックバック

にこちゃん堂
from 自家用道楽倶楽部
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
早い目のクリスマス
from 淡路 愛犬との極楽暮らし??
装飾的芸術美の頂点・光琳..
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

10/15 Mon ..
at 2018-10-15 06:18
10/13Sat N..
at 2018-10-13 07:26
1012 Fri ..
at 2018-10-12 06:09
10/11Thurs ..
at 2018-10-11 06:23
10/10 Wed ..
at 2018-10-10 06:22

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

陶芸

画像一覧