<   2012年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

須磨水族館

何年かぶりで須磨水族館へ。
a0188023_871454.jpg

夕方行ったが多くの人でにぎわってた。
a0188023_873315.jpg

夏休み中という事もあり夜間延長開館。
珍しい水中生物のカイメンや星の砂なども展示。
大水槽を初めて作ったのはここだという。
さすがに古いので全体としては奇麗さは無い。
派手な回遊魚の大団体の飼育は水槽の大きさから言って無理。それでも飼育生物の種類は多いと思う。
a0188023_88678.jpg
a0188023_882068.jpg

水族館と言うと思い出すのが魚津。
あそこも海のそばで多くの魚を大事に丁寧に見せてくれてた。
派手さはなかったけどいい水族館だと思う。向こうに住んでて何回も行った。
a0188023_884094.jpg

最後はイルカショー。
近くの客は水浴びてグッショリ。それも見せ物の一つ。
8時近くになるとさすがに過ごしやすい。
世界中の魚を堪能出来た3時間だった。
[PR]
by tougei1 | 2012-08-31 08:11 | Comments(0)

秋の雲?

この二日間の最高最低気温
a0188023_7312350.jpg
最低25℃、最高34℃。
ぜんぜん秋の気配無し。
熱帯夜に近く昼間も相変わらず高温。
朝晩は少し涼しさを感じるけどそれよりも日が短くなって来たな、の方がよく感じる。
まあこれは確実に変化してるから気温による季節感のように曖昧さは無い。
空の雲はまだ入道雲もあるけどそうでない雲のときも。
a0188023_7314234.jpg

今は台風の影響だろう。
台風のせいで南から湿った暖かい風が入り込んでる。
早く秋にならんかな。
[PR]
by tougei1 | 2012-08-29 07:34 | Comments(0)

陶芸美術館

丹波にある陶芸美術館。
a0188023_7304919.jpg

企画展最後の日の日曜に行って来た。
さすがに最終日の日曜だけあって人も多い。
普段は2、3人ぐらいしかいない客も何十人もいた。
本当はこうあるべきなんだろう。
今回は、学芸員が選んだ収蔵品展。
土、とか丸、いきもの、など、テーマ別に部屋展示。
面白かったのはX線で撮ったもの。
a0188023_7314715.jpg

中がどうなってるんだろうと思わせるものが撮影されててやっぱりそうか、とか、なるほどと思ったりで面白い企画。
この美術館企画は年4回。
近いのだからもっと早く行くべきだった。微妙な所で行けなかったかも知れない。
[PR]
by tougei1 | 2012-08-27 07:33 | Comments(0)

狂言

善竹さんの4回シリーズの2回目。
今回は夏休み中という事で子供達も出演。
a0188023_824020.jpg
a0188023_825994.jpg
a0188023_831883.jpg

子供達を指導してはいるとおもうが今回は特別募集したようだ。
家元制度ではあるがそれだけでは発展が無いという事で一般人からもやりたい人を集めて指導してるらしい。
子供はキノコの役でしゃべる事も表情を作る事も無いけど舞台に上がった何人かは緊張してた。
何となくなごやかな風でいつもとは違った雰囲気。
この子達の中から長くやる生徒がでてくるといいが、、、。

バイクで行ったが汗だく、暑い一日だった。
[PR]
by tougei1 | 2012-08-25 08:04 | Comments(0)

な、流れる

貫入青磁に挑戦。
でも、流れる。
a0188023_10375074.jpg
a0188023_10381150.jpg

流れないときもあるけど流れる事が多い。
a0188023_1038361.jpg
a0188023_10384860.jpg

こうなると板にくっ付くしもちろん作品としてもだめで困った。
釉の性質上厚掛けしないといけない、普通の10倍ぐらいだろうか。
そうすると自重で下に動いて結果として流れる。
ユックリと低温で長く焼く?でも変わらんだろうな。
溶けてくれないと貫入は入らんし溶ければ流れるし、、、、。
器全体に段々を作るぐらいしか思いつかない。
平べったい鉢や皿なら底面は溜まって奇麗な貫入が入りそう。
[PR]
by tougei1 | 2012-08-22 10:40 | Comments(0)

花火

例年通り小野市の花火大会。
a0188023_7503456.jpg

前日が大雨で一日延期。
毎度お世話になる生徒の奥さんの実家のソニー専門店の前で宴会をしながらの観覧。
やはり凄い迫力で音がお腹に響く。
a0188023_7513777.jpg
a0188023_751321.jpg
a0188023_7515226.jpg

お見事だった。
[PR]
by tougei1 | 2012-08-20 07:53 | Comments(2)

大物焼き

大きなもの、を焼く時に収縮のずれと重さに寄る変形やキズをどうやって防ぐか苦労する。
a0188023_7561955.jpg

必ず出る欠陥ではなく何もしなくても上手くいく事のほうが多いがいつもそうとは限らない。
これまでの苦労がすべて終わりになることも。
それでハマをしくのだが重いと少しのひずみでわれてしまう。
そこで新方法(私にとっての)
アルミナボール(4ミリ)を下に敷いてローラーのように自由に転がってくれたら上に浮いた状態だから収縮に寄る弊害も防げそう。ただし小量だと底にめり込んでしまう。
ところが実際にボールをおくと転がって一定場所に居らず、何とか乗せてもやはり転がる。転がらんと困るのだが転がり過ぎ。
悩んだ末にアルミナ粉末と混ぜておいた。
a0188023_83675.jpg

そしたら上手くいった。接地してない所も転がらずに場所維持。
作品の大きさぐらいに並べて作品を置く。アルミナ粉末も作品に付かずこれもいい。
a0188023_831146.jpg

結局どれぐらい縮んだかと言うと横に3センチ高さで4センチ、作ったときからだと5センチに7センチぐらいか。これだけ縮むのだから何処かに無理があると亀裂が入るのも当然か。

物作りは何かと面倒、100分の1起るかも知れないアクシデントのために100分の99の対処をする。
それでも未知のアクシデントに見舞われる事も。
これの繰り返しで向上するのかな。
でも、パーフェクトはないな。
[PR]
by tougei1 | 2012-08-18 08:06 | Comments(2)

新しいタイヤ

ウイングロードのタイヤをおニューに。
a0188023_7525515.jpg

前回から40000キロ走った。
もう少し走れそうだけどオートバックスのボーナスチケットの期限が迫っていたのでそれを利用して交換。替えた方がいい状態ではあった。
中古車で買ったのだけどそれがおかしい。23000キロ弱でタイヤがだめになった。
後10000キロは走るはず。
5年手前でウオーターポンプの軸受け異変も国産では珍しい。
このクルマは?と疑ってしまう。日産ディーラー保証付きだったけど、所詮中古車はこういうリスクを伴う。
a0188023_7532510.jpg
a0188023_7532447.jpg

ブリジストンが欲しいときはタイヤ館に行くが今回はこだわらないので安くて丈夫、ただし乗りごこちは犠牲かな。
前の車はこだわっていろいろと高いものも試したがそこまでこだわる車でもないから。

お盆休みのせいもあって朝から大忙しの様子、待たされて1時間少しかかった。
安物タイヤでも新しいのは何となく気持ちがいい。
これで100000キロあたりまで大丈夫だろう。

旧加美町まで行ってみたら少し涼しく秋の空がちょこっと顔出してた。
でも気候としては猛暑の一日。
a0188023_7564624.jpg

[PR]
by tougei1 | 2012-08-17 08:05 | Comments(0)

蹴ロクロ

我が家の蹴ロクロ。
a0188023_8172570.jpg

埃をかぶってる事が多い。20年ぐらい前に買ったもの。
あれば便利かと思ったが無駄な投資だったかも。
下の部分、重たくするため鉄板の分厚いのを溶接してもらった。
a0188023_818424.jpg

それでも不安定なので使う時にはブロックなどで重しをする。
そこが錆びて汚くなっている。
ほっておく訳にも行かずその部分を錆び止めで奇麗に塗装。
a0188023_819083.jpg

コンクリートの床に埋め込んでしまうといいらしいが、
そんな場所は無いので移動可能状態。

この蹴ロクロやってみると思ったようには使えず大物は引けない、(技術的に未熟)。
結構難しいのだ。
抹茶碗程度の物なら作れる。
では利点は?
むやみに力を入れられないのでゆるゆると作る事になり、形がゆったりとする。
これは電動では出来そうにない事。
特に止まりかけの超低速の時にいい感じになる。
後は足でけりながら速さをコントロール出来るのでこれも口造り辺りにはいい。
それと紐造りで大物を作る時には便利。
手は作る方に、足は回転に、と役割分担。逆回転も、超微速もOK。
上手く使えば便利なはず。
こういうのを使いこなせるだけの余裕が無いのが一番の問題かも知れない。
[PR]
by tougei1 | 2012-08-16 08:25 | Comments(0)

花火

きのうは西脇市の花火大会。
a0188023_835370.jpg
撮影はコンデジを手持ちの横着撮影、いけませんね。ガードレールに押し付けて、、。
8時半から30分弱で1700発を一気に打ち上げ尽くそうというもの。
日中は雨が降ったりやんだり。
幸いに夕方は曇りで打ち上げが終わると、ザーと降り出した。
一気に上げたので迫力があり、打ち上げ数が少ないので間が空きすぎて退屈な花火より良かったかな。
でも風情はないからどっちもどっち、小野市のミニ盤。

仕事場は昨日で塗装が終わって今日は足場解体。
a0188023_84615.jpg

これも解体中は雨が降らず済んでから降った。
作業員の1人が中国人で驚いた。
自分に関係する事で接したの初めてだったから。世の中では当たり前の事。
[PR]
by tougei1 | 2012-08-12 09:29 | Comments(0)


西脇で焼き物やってます。陶芸以外の事も結構ありますがどうぞよろしく。メール tougei1@zeus.eonet.ne.jp


by tougei1

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月

フォロー中のブログ

最新のコメント

責任が持てないそうなこと..
by tougei1 at 19:18
最近はマスメディアに振り..
by untilidie at 22:45
ありがとうございます。 ..
by tougei1 at 12:26
暑い夏は懲り懲りだ!など..
by untilidie at 00:07
へーそんなにするのですか..
by tougei1 at 16:03
蚊帳は30センチ四方位の..
by kyoppin at 09:00
この地域ではどこの地区も..
by tougei1 at 18:53
河川の堤防の管理は基本的..
by kyoppin at 09:27
あってほしくないなあ。 ..
by tougei1 at 20:58
メモリーの容量が増えたの..
by tougei1 at 19:21

メモ帳

最新のトラックバック

にこちゃん堂
from 自家用道楽倶楽部
美術史に新境地を開拓し「..
from dezire_photo &..
早い目のクリスマス
from 淡路 愛犬との極楽暮らし??
装飾的芸術美の頂点・光琳..
from dezire_photo &..
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

1428  絵付け教室  9..
at 2017-09-21 06:18
1427  彼岸花  9/2..
at 2017-09-20 06:33
1426  敬老の日  9/..
at 2017-09-19 06:15
1425  台風  9/18..
at 2017-09-18 05:54
1424  台風前日?  9..
at 2017-09-17 06:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

陶芸

画像一覧